自転車で巻き込み事故に遭った

私の交通事故にあった話をさせていただきたいと思います。

私が大学2年生のとき、授業が終わり、家に自転車で帰っていました。

その日は雨が降っていて折りたたみ傘を片手に運転していました。

まだその当時は傘指し運転が違反とされておらず、今までに何度か危ないとは思っていたのですがこの日も傘指し運転をしていました。

私の家の辺りは坂道が多く、歩道の下り坂を勢いよく降りていきました。

ちょうど交差点で左折しようと思い信号が青になっていたのでそのままの勢いで左折をしようとしたところ、右から左折しようとしていた車とぶつかりました。

私は自転車ごと一回転をして一瞬何が起こったかわかりませんでした。

すぐ運転手が出てきて体の心配をしてくださり、警察を呼んでくれました。

私は顔面とお腹を打っていましたが外傷はなく、歩くこともできました。

ただ、自転車の前輪は90度に折れ曲がり使える状況ではありませんでした。

運転手の人がとりあえず自宅まで送ってくれるとのことだったので自宅で警察と話をすることになりました。

またそのときは実家暮らしでもあり、親と同席して話をすることになりました。

私が傘指し運転で片手運転となり、傘で視界の悪い中坂道を猛スピードで進み、急に左折したという状況なので完全に私のほうに非がありました。

しかし、車も何台か左折していてその車の間に自転車が入ってきた状況だったので車も前の車が左折しているからその間には歩行者や自転車は入ってこないだろうという思い込みで安全確認を怠っていたとのことでした。

現在同じ状況であれば自転車にも過失割合があるかと思うのですが、このときは完全に車に過失があるとされました。

それから歯を打っていたので歯医者に行き、内科でお腹も診てもらい、整形外科で骨折していないか診てもらい、念のため脳神経外科でMRIも撮ることになりましたが幸いにもどこにも異常はありませんでした。

後日、運転手の車の保険会社と私と私の両親で話合いがありました。

その際には保険会社の人から今回は車との事故だからこちらが責任をとっているが、自転車のあなたのほうに問題がある。
あなたは車には乗らないほうがいいと嫌みをいわれてしまいました。

相手の運転手は私がアルバイトしているスーパーのお客さんで、私のことも知っていました。

この事故があってから、お店で会うのもとても気まずく、話しかけてはくれるのですがとても申し訳ない気持ちになりました。

事故はちょっとした不注意で人間関係も大きく変えます。

今までに自転車の事故には何度も逢っていますが幸い体に問題はありませんでした。

車にも何度もぶつかっていますが自転車で走っていてサイドのお店から車が出てくる際にこちらを全く見ずに出てきてぶつかることが多いです。

ぶつかったときには車から出てきて体の心配をしてくださる人もいればそのまま走り去る人もいます。

そんなに車のスピードは出ていないので損傷はそこまでないですが自転車は正面よりサイドの衝撃のほうが壊れやすいそうで、自分自身の体は無事でも自転車はタイヤが変形して走れる状況ではないこともありました。

車とぶつかったときには車のほうが責任割合が高いことが多いですが、自転車同士、歩行者との事故になると損害賠償を請求されることもあります。

相手に傷害が残ったり死亡してしまったときには何千万という金額を払わなければならなくなります。

一つの事故で一生償わなくてならなくなります。

自転車保険というものもたくさんありますのでもしものために入っておいたほうがいいと思いました。

そして自転車も車両扱いのため本来なら左側通行のはずが右側を走行していたり、夜間ライトをつけていなかったり、細い道を並走していたり、一旦停止をしなかったり傘指し運転をしていたりとマナーが悪い人が多いのも事実です。

車がどんなに気を付けていても不意に出てくると避けられないものがあります。

現在自転車も取締強化が始まりましたがまだまだ違反者をたくさん見かけます。

もっと強化するべきだと思っています。

車も自転車もマナーを守り、安全確認をしっかり行い事故を減らせる社会になるといいですね。