旅先での事故‥廃車へ‥

数年前に2年間働いた会社を退職して、フリーとして活動していくために岐阜から福岡まで初仕事をするために自動車で行った時に起きた交通事故についてお話しします。

仕事とのために福岡へ

当時、フリーランスとして福岡でお世話になっている方から仕事がいただき、2年間勤めた仕事を退職しました。その時、新幹線で行く交通費がなかったので、自動車で福岡まで約800km移動しました。行き道中や2週間ほど続いた仕事での移動では事故などのトラブルは、何もありませんでした。

しかし、フリーランスとして初仕事を一通り終えて、福岡で観光して、フェリーで関西まで高速で地元で帰ろうと思っていました。その後、自動車で福岡の繁華街である天神周辺を移動中に交通事故が起きました。以前の仕事中に一度事故を起こしていたので、一瞬凍りつきました。今回は、繁華街のど真ん中の大きな交差点でこちらが右車線から中央に入ろうした時に、こちらがほぼ中央車線に入りきった状況で左車線から左折してくる自動車に追突されました。

事故処理と廃車手続きへ‥

今回は、相手側が40代ほどの運転に慣れていないような女性でした。思いっきり追突されて自車の左側面がボコボコにへこんで走行が危ないほどの損傷具合でした。

こちらは、ショックが隠せず、相手は軽いパニックになって、こちらにも大きな原因があるような態度だったので、怒りそうになりました。

とりあえず、警察を呼んで、事故状況の整理と届け出をした上で保険会社に連絡しました。相手側の自動車は、それほど損傷がひどくなく、こちらが走行が厳しい状況でした。保険会社の担当者に相談した時、自宅まで距離が遠すぎるでレッカーサービスでも運搬料金が発生しまうため、提携先での修理か廃車するかの2択でした。

その時ばかりは、相手側に明らかな大きな過失があったので、相手方の保険会社へ廃車のための地元までのレッカー代と移動費を要求しました。

その後、2日間ほどお互いの保険会社の確認などがあり、結果的に損害賠償として移動費や2日間ほどの一部宿泊代が相手負担となりました。

地元へ帰った後は、最終的な過失割合が相手側9割、こちら側1割となり、廃車するため保険を使用せず、損害賠償をそのまま受け取り、自動車を手放す形となりました。

その後は?

今回ケースは、移動先での交通事故で色々なトラブルがありました。これがこちら側の過失で自動車を手放すような事態になっていたら大変なことになっていたと思いました。

自動車を手放した後は、移動で自動車を使う機会がほとんどなかったので、保険も解約して、落ちついた感じで終わりました。

コメントは停止中です。