相手の急ブレーキで追突事故に

私は34歳会社員です。

毎日通勤の際には車で移動をしており、また勤務中も車を自分で運転して移動しております。

ある日いつものように車を運転していると、前の車が急にブレーキを踏み止りました。

私はその急ブレーキをした車に対応出来ず後ろからぶつかってしまいました。

事故を起こしたのは初めての事で、頭が真っ白になりましたが、前の車がハザードランプを点滅させたので誘導されるようにその車の後ろについていきました。

相手の方は自分よりも年齢の高いと見える女性の方で、相手側も少しそわそわしておりました。

事故を起こした時に一体どうしたら良いのか分からず、一旦父親に連絡を取り一先ず警察と保険会社へ連絡を取りました。

その間に事故をした相手の方と話しをしておりましたが、幸いにも悪い肩ではなかったので、お互いの車の修理代金に関してはそれぞれ支払うような流れの話しになりました。

警察と保険会社の方が到着したので、事故の一連の流れを伝え警察の方に聞かれた事をすべて説明しました。

車には目立つ程の大きな傷は無く、お互い修理という話しではありましたが、私は修理をせずにそのまま乗る事を保険会社の方に伝えました。

過失割合について

事故の割合は6:4の割合と最初言われましたが、前の車の急ブレーキでしたので、5:5の割合になるよう、保険会社の方が相手方の保険会社に交渉してもらいました。

こちらのサイトには7:3と書かれていますが、交渉のかいあり、5:5の割合に最終決まりました。

 

慰謝料や修理代について

幸いお互い怪我は無かったので、通院費等の請求は無くすみました。

車の修理を相手の方が少しされたので、修理代金25000円の半分を私が支払いました。

事故によっては、修理代金が10万円20万円となると、現金での支払いが難しく、保険で支払うケースがありますが、直接現金でお渡ししました。

お渡しの際は、5:5の割合とはいえ、ぶつけてしまった謝罪の気持ちをお伝えし、現金と菓子折りをお渡ししてきました。

たとえ小さな事故だったとしても、実際事故がおきると、気持ちが動転し何をどうしたらいいのか分からなくなり、冷静に対応ができなくなってしまうものなんですね。

改めて思うのが、もっと大きな事故だったらとか、怪我してたら、などを考えると怖くなってしまいますが、事故は起こさないのが一番です。

どんなに気をつけていても、もらい自己等がありますが、まず、日頃の安全運転、交通ルールを守る、かもしれない運転、心がけないといけないということを、改めて認識意させられました。

二度と事故は起こしたくないという気持ちでいっぱいです。

コメントは停止中です。